成年後見人を引き受けることも可能です。

成年後見人を引き受けることも可能です。成年後見人とは、認知症などで判断能力が低下した方の財産管理や契約を行うため家庭裁判所から選任された代理人です(法定後見)。預金の引出、施設の入居契約、不動産の売却などを行います。
成年後見人について親族、いきいき支援センター、ケアマネージャー、介護施設、障害者施設などから多くの相談が寄せられています。名古屋市及び近郊であれば当事務所の司法書士が成年後見人を引き受けることも可能です。

成年後見制度の詳しい説明はこちら
成年後見人の具体例

遺産整理のトータルサポート

  • 戸籍謄本などを取り寄せるのがたいへん
  • 疎遠な
    相続人がいる
  • 相続人の関係があまり良くない
    などなど

ご希望に応じ相続の3ステップをお手伝いします。

ステップ1必要書類の収集/ステップ2相続人への連絡、意見の調整/ステップ3不動産、預金、株式、保険の名義変更、解約

相続、遺産整理の詳しい説明はこちら

最新情報

天野司法書士事務所 外観

天野司法書士事務所

〒467-0004
名古屋市瑞穂区松月町1丁目39番地2
(石川橋郵便局南)〔地図1〕〔地図2

  • ※駐車場が完備していますので、自家用車でも公共交通機関でも来所が可能です
  • ※「市大病院前」交差点を東へ800m
  • ※地下鉄桜通線「桜山」4番出口から徒歩10分

無料相談お申し込みはこちら

司法書士が売主、買主のすでに決まっている不動産取引をお手伝いします。

隣人、知人、親族間など、すでに不動産を売り買いする人が決まっている取引は、
当事務所がお手伝いすることで、不動産業者の仲介手数料が節約できます。

不動産業者の仲介手数料は通常、売買価格の3%+6万円+消費税です。
例えば、1000万円の売買なら、(1000万円×0.03+6万)×1.08=388,800円。
これを売主、買主双方が支払います。

この3ステップで安心!

  1. 1.契約成立のサポート
    司法書士が売買条件、住宅ローンなどの相談におこたえします。
  2. 2.売買契約書の作成
    司法書士が不動産売買契約書を作成した上で、契約の場に立ち会います。
  3. 3.決済の立ち会い
    売主への代金の支払いと買主への名義(登記)の変更が同時に行われるように司法書士が立ち会います。

ページの先頭へ戻る