トップページ >  ブログ > 個人再生 > 個人再生はどういう場合に利用されるか。

個人再生

個人再生はどういう場合に利用されるか。 2011年11月21日

テーマ:個人再生

 当事務所で個人再生の申立をしたケースをご紹介します。

①マイホームを確保したい場合。
 不動産を手放さず、借金を大幅にカットしたいという場合です。これこそ個人再生の最大の長所です。

②自営業者が事業を継続したい場合
 自営業者が事業を継続したいと希望していて、かつ、月3~5万円の返済が可能な場合です。この場合は破産より個人再生の方が裁判所の理解が得やすいので、個人再生をまず考えます。

③借金の原因がギャンブルの場合
 この場合も破産より個人再生の方が裁判所の理解が得やすいので、個人再生をまず考えます。ただし月3~5万円の返済も無理であれば、破産を考えざるを得ません。

④できる範囲で返済したいと考えている場合
 ①~③にあたらず、したがって破産でも不都合はないのですが、本人ができる範囲で返済したいと考える場合もあります。この場合は本人の意志を尊重し、個人再生を勧めます。

ページの先頭へ戻る