トップページ >  ブログ > 不動産担保、住宅ローン > 自宅を手放さずに債務整理をする方法

不動産担保、住宅ローン

自宅を手放さずに債務整理をする方法 2011年09月28日

テーマ:不動産担保、住宅ローン

 住宅ローンの返済が苦しく、かつサラ金やクレジットの返済もある方が、なんとか自宅を手放さずに債務整理する方法が任意整理や個人再生です。
 まず長年、サラ金やクレジットの返済をしていれば、任意整理で債務が大幅に減ったり、場合によっては過払いになり、それだけで解決することもあります。

 問題は任意整理では返済できないような額(例えば数百万円)のサラ金やクレジットが残る場合です。この場合は個人再生を検討することになります。この手続は、住宅ローン以外の債務を裁判所に、最大で80%のカットをしてもらうものです。この手続ができる前は、任意整理で返済できなければ、自己破産で自宅を手放すしかありませんでした。しかし自宅を手放さずに債務整理ができるために10年前にこの手続ができました。いわば自宅を所有する方の債務整理の「切り札」といえます。

ページの先頭へ戻る