トップページ >  ブログ > 不動産担保、住宅ローン > 自宅を手放すかどうか

不動産担保、住宅ローン

自宅を手放すかどうか 2011年09月26日

テーマ:不動産担保、住宅ローン

 自宅を売却しても住宅ローンが完済できず(「オーバーローン」と言います)、さらにサラ金やクレジットの返済もある方には債務整理をおすすめします。その際、自宅を手放すことを考えているのか、自宅を確保したいと考えるのかで、債務整理の方向性が大きく変わってきます。

 自宅を手放すのであれば、自己破産を選択することになるでしょう。これにより住宅ローンもサラ金やクレジットも返済が免除されます。
 これに対し、自宅を確保したいと考えるなら個人再生や任意整理といった方法になります。ただし、いくら自宅を確保したいと考えていても、家族の収入が毎月の生活費と住宅ローンの返済額の合計を下回っているような場合はむずかしいと思います。

ページの先頭へ戻る