トップページ >  ブログ > 過払金返還請求 > プロミス判決を生んだネオライングループの問題

過払金返還請求

プロミス判決を生んだネオライングループの問題 2011年10月06日

テーマ:過払金返還請求

 昨日のブログで、プロミスがクオークローンの過払金を引き受けるとした最高裁判決を紹介しました。この判決についてはマスコミや専門家がほとんど触れていない問題があります。

 そもそもクオークローンの過払金はクオークローンが返還すればいいのであり、仮にクオークローンが返還に応じていれば、これほど問題にならなかったはずです。ところがクオークローンは平成21年にネオラインキャピタル(株)の子会社になり、(株)クラヴィスと商号を変更しました。このクラヴィスは他のネオライングループと同様、過払金をまともに返還しません。当事務所でもクラヴィスと訴訟をしましたが、結局、過払金の1割弱しか回収できませんでした。

 このような状況のため、クラヴィスに過払金がある者がプロミスに支払を求めるようになりました。その結果が今回の最高裁判決です。このプロミス判決はネオライングループが生み出したものといえるでしょう。

ページの先頭へ戻る