トップページ >  相続、遺産整理について > お墓や仏壇、遺骨はどうなるの?

相続、遺産整理について

お墓や仏壇、遺骨はどうなるの?

相続人が相続財産を承継するという原則には重大な例外があります。それがお墓や仏壇、遺骨です。これらのものは相続財産ではありません。法律では、お墓や仏壇は「祖先の祭祀を主宰する者が承継する」としています(民法第897条)。また遺骨も相続財産ではなく、慣行上の喪主に所有権は帰属すると解されています。

「祖先の祭祀を主宰する者」とはわかりにくい表現ですが、「祭祀」とは「さいし」と読み、祖先を祭ることです。その者は、民法第897条によれば、第1に被相続人が指定した者、第2に指定がないときは慣習に従う、第3に慣習があきらかでないときは家庭裁判所が定めるとしています。お墓を継ぐ者を家庭裁判所が定めたという話は聞きませんから、現実には被相続人が指定した者がいなければ慣習で定めていると言えましょう。

では「慣習」とはなんでしょうか。民法の教科書には「長男を主宰者とする慣習が多いと思われる」と書いてありました。しかし被相続人に子どもがいるとは限りません。結局、「慣習」とは被相続人の親族が納得する者ということではないでしょうか。

いずれにせよお墓や仏壇、遺骨が相続財産に含まれないことは間違いありませんので、相続人に遺骨を埋葬する義務があるわけではありません。また逆に相続放棄をした者を承継者と定めることもできます。

ページの先頭へ戻る