トップページ >  ブログ > 自己破産 > 自己破産と配偶者

自己破産

自己破産と配偶者 2011年09月30日

テーマ:自己破産

 自己破産をすることになった方に、「妻と離婚した方がいいですか」とか「別居すべきですか」と質問されることがあります。これに対する答えは「その必要はありません」。配偶者であっても連帯保証人でなければ支払義務はありません。逆に連帯保証人であれば、離婚や別居しても支払義務はなくなりません。ですから離婚や別居は意味がないのです。

 そういえば最近は、「離婚した方がいいですか」という質問を受けることも少なくなりました。たぶん以前は自己破産すると、サラ金の取立係が自宅に押し寄せるというイメージを持った方が少なくなかったはずです。しかし今は取立係が自宅を訪問することもほとんどありませんし、そのようなイメージがなくなってきているのでしょう。

ページの先頭へ戻る