トップページ >  ブログ > 不動産担保、住宅ローン > 自己破産をしても自宅は確保できるか。

不動産担保、住宅ローン

自己破産をしても自宅は確保できるか。 2011年09月29日

テーマ:不動産担保、住宅ローン

 自己破産をすれば、住宅ローンは返済しない(できない)ことになるので、自宅は手放さざるを得ません。しかしその物件を親族などに購入してもらえば、引き続き住むことはできます。

 しかし親族間の売買では、原則として住宅ローンは組めません。また購入価格が適正な価格でないと、それまでの住宅ローン会社が承諾しません。格安価格というわけにはいかないのです。したがって親族が物件に見合う現金を持っているか、例外的に住宅ローンを組めるといった条件が必要です。

 ですから自己破産をして自宅を確保するのは理論的には可能ですが、現実には簡単ではないというのが結論です。自宅を確保したいのであれば、個人再生の方が可能性は高いと思います。

ページの先頭へ戻る