トップページ >  ブログ > 不動産担保、住宅ローン > 不動産鑑定士を活用して、破産同時廃止(同廃)

不動産担保、住宅ローン

不動産鑑定士を活用して、破産同時廃止(同廃) 2011年12月19日

テーマ:不動産担保、住宅ローン

 私は今までに一度だけ、不動産鑑定士に不動産鑑定評価書を依頼したことがあります。それは住宅を所有している方の破産申立に関してです。この方の住宅は名古屋市近郊の市街化調整区域内の一戸建てでした。なぜか固定資産税の評価額が高く、固定資産評価証明書による不動産の同時廃止基準(オーバーローン基準)を満たしませんでした。また市街化調整区域内の住宅は流通することを予定しないため、査定書を作成してくる不動産業者が見つかりませんでした。そこで最後の手段として不動産鑑定士に不動産鑑定評価書を作成してもらいました。これによりオーバーローン基準を満たすことができ、破産同時廃止(同廃)になりました。

 たしか費用は全部で15万円くらいだったと思います。それでも管財人選任事件になった場合に裁判所に納める予納金よりははるかに安くすみました。

ページの先頭へ戻る