トップページ >  ブログ > 不動産担保、住宅ローン > 任意売却できなかった破産事案

不動産担保、住宅ローン

任意売却できなかった破産事案 2012年10月12日

テーマ:不動産担保、住宅ローン

 昨年、6月に破産申立をし、管財事件になっていた事案が今月、終了しました。今は管財事件といえども、申立から4ヶ月くらいで終了するケースも多いので、債権者への配当もないのに1年5ヶ月もかかるのは珍しいといえます。

 原因は破産者が所有していたマンションが任意売却できず、不動産競売で処理されたからです。もともとこのケースはマンションがオーバーローン基準を満たさず、同時廃止にならなかった事案です。もっともそういう場合でも最近は任意売却してから、破産申立をすることが多いのですが、事情により申立前の任意売却もできませんでした。ですので私としては破産管財人に任意売却をしてもらう予定で破産申立をしました。

 当初はもちろん破産管財人も任意売却する予定でした。ところが市役所の差押がネックになりました。このマンションは破産者が固定資産税を払っていなかったため、市役所が差押の登記をしていました。任意売却するには、この差押の登記を抹消してもらうように事前に市役所の同意を得ることが必要です。しかし市役所は近年、滞納税金を完済しなければ差押の抹消を認めないという姿勢に転換し、かつ破産者側も滞納税金の完済ができなかったため、結果としては差押の抹消の同意は得られませんでした。

 これにより任意売却は不可能となり、後は住宅ローン会社が競売をするのを待つだけになりました。そのためかなり時間がかかったわけです。以上のように任意売却というのは必ずできるというものではないのです。

ページの先頭へ戻る